倦怠感

すっぽんのコラーゲンは他のコラーゲンと何が違う?

肌を作る物質であるコラーゲンを含む食品は、美容に効果があることが知られるようになって人気が出てきています。コラーゲンと一口に言っても、いろいろな種類があることはあまり知られていません。
すっぽんのコラーゲンは他のコラーゲンと違うのでしょうか。

肌に良いとされるコラーゲンという物質は、肌に潤いやツヤをもたらす効果があることが良く知られているため、特に女性の間ではコラーゲンを含む食品はとても人気があります。
コラーゲンはたんぱく質のひとつで、繊維のような形をしています。
身体の中にあるすべてのたんぱく質の中の約3割ほどがコラーゲンで、残りは内臓の内側などに広くあります。
その中でも4割ほどが皮膚にあり、次に多いのが軟骨という部分です。
そのためコラーゲンは皮膚を作ったり、軟骨にとって欠かせない物質です。

コラーゲンは細胞と細胞の間にあることで、皮膚や骨や軟骨などを結び付けたり、軟骨のコラーゲンは弾力を持つことでバネのような役割を行っています。

皮膚の場合はコラーゲンは奥の真皮と呼ばれる部分にあり、水分を保つはたらきがあります。そのためコラーゲンが不足すると、肌のみずみずしさがどんどんなくなってしまい、乾燥しシワやたるみの原因となってしまいます。

身体の中のコラーゲンは20歳を境として、年を経るごとによって少しずつ減っていきます。
コラーゲンを生成して生まれ変わる新陳代謝の速度も遅くなってしまうため、60代を越えると、コラーゲンは20歳ごろと比べて7割ほどしかなくなってしまいます。
そのことからコラーゲンを多く含む食品やサプリメントなどで摂取することが注目されているのです。

コラーゲンは2種類に分類されます。すっぽんの甲羅の回りのコラーゲンは、海洋性コラーゲンと呼ばれるもので、鶏の皮などでおなじみのコラーゲンが多い物質は、ほとんどが動物性コラーゲンと呼ばれるものです。
海洋性コラーゲンは腸の中で吸収される率がとても高く、また他の海洋性コラーゲンと比べると熱に強いことから、肌に良いコラーゲンなのです。